2005年10月26日

スローダンスを踊るように生きるには・・・

IMG_4277 のコピー.jpg

ショーウインドウにとりあえず飾ったロードレーサー。アルミ製のとっても軽い自転車、コメンサルの、名前、なんて言うんだったんだっけ・・・。

この店の前には国道が走っていて、休日にはこの高原を目指して車やバイクがたくさん走り去る。最近ではハーレーダビッドソンのカスタムが流行か、爆音たてて何台もすぎる・・・。

自分でもバイクには乗るので大きな事は言えないが、自己満足の趣味にしては五月蠅すぎる。カッコイイバイカーを気取って、アウトローを演じても所詮しがないサラリーマン、日頃の仕事のストレスを稼いだお金を使ってバイクに依存しているようにしか見えない。

つくづくバイク乗りが幼稚に感じる。

カッコイイ男は、高い革ジャンやカスタムされたバイクを手に入れても、作れないよ。


国道沿いに立って話をしていると会話もままならないほどの爆音が通り過ぎる。

乗ってる本人にはいい音でも、他の人には騒音。
たぶん本人はそんなことには気づいていない。

「無知の暴力」

知らない内に人は、人を傷つけている・・・。

そういう自分も・・・。

出来るだけ、知らずに傷つけることをアンテナを張って少なくはしたい。
傷つけられたからって、無神経にはなりたくない。

バイクに乗るってことで、人に迷惑は掛かってはいるんだろうけど、せめて静かに乗りたいので、最近はマフラーとかはイジらず、ノーマル指向。

イジって色々変えても自己満足だし、今はそのお金があれば、それを使って何処かに行きたい。

自転車に乗ろう。

そのお金があれば、安い自転車でも買って、残りのお金で、旅が出来る。

例えば、朝、太陽の方角に向かって走り出す。夕方過ぎにその辺りで宿を探し、その次の日は太陽を背にして家を目指す。

いつもは車や電車やバイクから見ていた町並みが、いつもと違ったものに見えるはずだ。
変化が欲しければ、見知らぬ人に道を訪ねればいい。10人も声をかければ、自分も慣れてくるし、中には物好きが答えてくれる。以前はそうやって声をかけて食事や泊まらせてもらったこともあった。

自分自身への「エコ活動」には自転車で出掛けるのがお奨め。ストレスのために生きてないで・・・。

だって手軽に始められるでしょ?
【関連する記事】
posted by eve at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。