2006年01月12日

円空

IMG_8119.jpg

この間奈良の天川村に行ったときに円空像・弁財天を祀るお堂にも足を向けた。

以前は円空展の貸し出しのために大阪やらに出張中・・・。

今回はお堂の左の方に鎮座していた。

なんだか何かを問いかけてくるように見える。



岐阜の美濃に生まれ、伊吹山で薬草術を学び、一刀彫でたくさんの仏像や人物像を彫り、遠くは蝦夷の地まで足を延ばし、最後は「我が人生これまで」と月日を決めて土の下に生きたまま埋められ人生を終えた人。

円空

この人は何を見て、何を感じ、何が言いたかったのだろうか・・・。
木彫りの像からではなく、本人から聞いてみたい・・・。
posted by eve at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。