2006年01月24日

煙草の話

いつ頃だったか去年から煙草を替えた。
今までは世界の何処にでも売っているスタンダードのマルボロ。
アカマルとかって言うんだそうだけど、もともとフィルター付きが珍しい頃に女性にも吸いやすいモノとして登場させたとか・・・。
デザインも煙草をくわえた赤い唇がパッケージになっている。

今はアメリカンスピリット。
JTで扱う煙草ではなく、何処にでも売っている種類でもない。
これが偶然家の近所の煙草屋で扱っていた。
自販機でもこの銘柄のいくつかが扱われている。
320円は高いんだけど、この煙草を吸っている人に話を聞くと、
「一本が10分ぐらい持つ。火がなかなか点かないのでほかっとくと消える。燃やさずにすむ。まあ試しに吸ってみたら・・・。」

一本だけではわからないので、一箱買ってみたのが始まり・・・。

おかげで本数が減った。
吸いすぎても喉に負担が掛からないのも良い。

どうせ吸うなら良い物を吸いたい。
JTの煙草はあんなに種類が多いのに煙草の葉はそんなに種類がないはず。考えられるのは薬を使って味を作り出している事。って事はケミカル吸ってるわけか・・・。

ある人から聞いた話では、
「アメリカの禁煙活動をしている団体の中にも愛煙家がいて、その人たちが考え出したのがそれ。」

まんざら嘘ではなさそうな話。

煙草を飲む。
昔からの言葉にこういう言い方がある。
これに合う吸い方をしたい。
命削って吸うんだから、粋に楽しみたい。

で、マナーやモラルの話はまた今度・・・。
posted by eve at 10:52| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

今日から図書館を利用・・・

近所の図書館では今まで借りずに館内で読んでいた。
中には寝に来ている人なんかも居て、人間観察もなかなか面白い。

まあ通うのも億劫になってきたので、今日こそカードを作ることに・・・。

今日は3冊とCDを2枚。

秋山庄太郎と五木寛之を2冊。
CDはマイルスデイビスの「死刑台のエレベーター」と小沢征爾の「ノベンバーステップ」。

本屋もそうだけど図書館も、自分の興味あるモノだけでなく他の世界にも窓を広げていて面白い。
ふと手に取った本から、意外な世界を見たり出来て・・・。

世の中知らない事だらけを痛感する。

無知は暴力。
知らない、気付かない、は知らず内に他人を傷つけたりする事もままある。

オバチャンから受ける無知の暴力に、オバチャンには悪気は無い・・・。
若者にしても然り・・・。
気付かない無知さが人を傷つける。
若者に悪気はない。
気付かない若者を作った世の中が問題・・・。

勉強してもキリがないんだけど、少しは知っていたい。
知識としてではなく、道具として。

本でも読んで、知識だけでなく、飲み込んで身にしたい。

どんな形になって吸収するかはわからないが、時に雑学の話のツールかも知れないし、一世一代の勝負の切り抜け方かも知れないし・・・。

これっばっかりは未来に賭けるしかないな・・・。
posted by eve at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

煙突掃除

ここ2〜3日薪ストーブの調子が悪い。
急に薪を入れる窓の下にある空気を調整するところから、「ブォ〜っっっっ!!!」てな感じで煙が吹く。

どうやらこれは詰まったんじゃないか。
騙し騙し使っていたけど、どうせやんなくちゃいけないので、掃除をすることに・・・。

外から順番に確認していく。
あんまり詰まってない・・・。

ストーブに近づくほど、煤の量が増えてきた。

で、ストーブに一番近い場所を取ると・・・。


モコモコっと出てきた、出てきた!!!
こりゃ空気が通らんわけだわ。
フワフワしたのがイッパイ・・・。

その後、そのフワフワを明けていた窓から風が吹いて・・・。

さっき掃除したばかりの部屋が・・・。
真っ黒クロスケが部屋中に・・・。

時間が掛かったけど、完了。おかげで今まで通りに暖かい夜が過ごせます。

薪ストーブを考えている方、本体より煙突に結構働かされます。
変な煙が出たり、火がおかしいときは、煙突に注意。
結構手間が掛かります。

でも昔の人はこんなトラブルは当たり前だったんだから・・・。

このぐらいのトラブルではへこたれないほど、このストーブは暖かく、意味深い・・・。

スイッチポンはどうも味気なくてね〜。
posted by eve at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

今夜は雨・・・

昨年の大雪で、今年は雪の多い年なのかなってかんじだったんだけど。

雨が降ってきた・・・。

3月並みの暖かさで豪雪地方では雪崩注意らしい。
でもシベリアではマイナス58度だそうで死者も多数出てるよう・・・。

異常気象。

地球は壊れてきた。

安定した春夏秋冬が乱れて、大きく夏と冬だけのニ季だけに変化しているのかも・・・。

日本の情緒ある季節感も、これまでか・・・。

壊した人間に責任を問う。

これも地球の運命なんだろうか・・・。
posted by eve at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

円空

IMG_8119.jpg

この間奈良の天川村に行ったときに円空像・弁財天を祀るお堂にも足を向けた。

以前は円空展の貸し出しのために大阪やらに出張中・・・。

今回はお堂の左の方に鎮座していた。

なんだか何かを問いかけてくるように見える。



岐阜の美濃に生まれ、伊吹山で薬草術を学び、一刀彫でたくさんの仏像や人物像を彫り、遠くは蝦夷の地まで足を延ばし、最後は「我が人生これまで」と月日を決めて土の下に生きたまま埋められ人生を終えた人。

円空

この人は何を見て、何を感じ、何が言いたかったのだろうか・・・。
木彫りの像からではなく、本人から聞いてみたい・・・。
posted by eve at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

珈琲を一杯・・・

IMG_8122.jpg
朝は何となくコーヒーを飲むことから始まっている。

コーヒーを点てるためのためのお湯を沸かすことから、薪ストーブの火を大きくして、フィルターに豆を落とし、沸くのを待つために煙草に火を着ける。

何となく新聞に眼を通して、やかんの「カンカン・・・」と鳴り出す沸騰するのを待つ。

のんびりというか、時間が掛かる作業・・・。
気忙な人には耐えられないだろうな・・・。

さあ、どうぞ。
珈琲が入りましたよ。

IMG_8125.jpg
posted by eve at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

天河弁財天

IMG_8100.jpg


行って来ました天川村。

橿原神宮の拝殿の前まで行っておきながら、初詣は奈良の「天河神社」。

いつものようにそこは静かで、冬の寒さが凍みる場所でした。

拝殿にはご祈祷の人が・・・。
その前の階段の上手には丹念に磨かれた鏡が鎮座していました。



今年も始まり、それを止めることは出来ない。
そのまま流されて生きてゆくのもシャクなので、流れの中で気持ちよく泳ぎたい。

ここは、意識はしっかりしているのだけれど、眠りに着く前の、気分・・・。

無であり、空であり・・・。


そんな場所が、ここにはあります。

IMG_8107.jpg
posted by eve at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

2006年がはじまった

IMG_2155.jpg

キリストが生まれたのを基準に今年で2006年。
そんなこんなで今年がはじまりました。


IMG_2139.jpg

戌年・・・。

そんなの人間だけが意識しているだけで、犬本人には関係ない様子・・・。
人間以外には、正月も年明けも関係なく、只の寒い冬の一日か・・・。

今年はどんなことが待っているか・・・。

う〜ん・・・。

さあ、初詣に天河に出掛けるとするか・・・。
寒そうだな〜・・・。
posted by eve at 11:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。